ロゴ
HOME>人気記事>交通事故や労働問題も弁護士に解決してもらおう

交通事故や労働問題も弁護士に解決してもらおう

法律書

交通事故や医療ミスなどの問題を弁護士が解決!

弁護士の仕事として、交通事故や医療ミスなどの事例に介入して解決していくことがあります。例えば、交通事故にあってしまった場合、保険会社だけに任せておくよりも弁護士に入ってもらった方が、慰謝料や裁判になった時に良い解決ができるでしょう。また、医療ミスにあった場合も同様で、相手が病院などの組織である場合もあるため、きちんとした交渉ができる弁護士の介入は必要になります。

交通事故問題を弁護士に依頼する場合とそうでない場合の違い

弁護士に依頼する場合

相手や相手の保険会社との交渉の部分で有利に物事が進められるため、慰謝料の金額を有利にできるとともに、被害者側の悪い部分を軽減させることができます。また、交通事故問題が、裁判になっても有利に進められます。

弁護士に依頼しない場合

交渉が相手や相手の保険会社対自分一人または自分側の保険会社になってしまうため、弁護士に依頼するよりもどうしても不利になってしまいます。交通事故にあった場合は、後遺症などの問題もあるため難しくなってしまうでしょう。

労働問題についても依頼が可能

給料の未払いなどの労使のトラブルなどの労働問題についても、弁護士に依頼することが可能です。労働問題は会社が相手のことが多いため、弁護士に依頼することにより交渉等で有利になります。

労働問題を弁護士に依頼する流れ

相談

労働問題の発覚

給料未払いや不当解雇などの労働問題が労使間で行われ、従業員はまず会社に対して給料の支払いを求めたり、解雇の取消について交渉したりします。

労働基準監督署への申告

当事者間での解決が難しかった場合、労働者は労働基準監督署へ事実を訴えることができます。労働基準監督署は、使用者の違反を是正させることができます。

行政機関によるあっせん

労働基準監督署の是正でも解決しなかった場合は、当事者の申請により紛争調整委員会や労働委員会におけるあっせんを行うことができます。

弁護士に依頼

行政機関を利用して解決手続きを行っても労働問題が改善されなかった場合は、裁判による解決を行う必要があります。裁判を行うには法律の専門家の弁護士の力が必要なのです。